より良い中古車 選び方

MENU

より良い中古車の選び方

中古車を購入する際、まずは車種を選ぶことから始めると思います。
そして車種が決まれば、昔は中古車販売店を何軒もまわって探したもので、ターゲットの車種を見つけることが出来た満足感だけでほぼ購入に至るというケースも少なくはなかったのではと思いますが最近ではインターネットで検索し、絞り込まれた何台かを見に行くというパターンが殆どだと思います。
さて、過去に自他含め7台以上の中古車購入に立ち会った経験から「より良い中古車の選び方」をまとめてみました。
まずは、データのチェック(後々の為画像は保存しておきましょう。)車検満了日は当然、次回の車検迄の期間が長いに越したことはありませんが、私は車検受け渡しで費用込みの車両の方が安心できます。
走行距離は少ない方が良いですが悪質なメーター改ざん車には注意しましょう。
現車確認の際にハンドル、運転席シートやエンジンまわり等の傷み具合や汚れ具合と走行距離を比較してみます。
修復歴の有無も確認しておきましょう。修復歴があっても実走行に影響の無い車両も沢山ありますのでこちらも現車確認の際に店員に確認するようにしましょう。
経験上、殆どの店員はやたら専門用語を並べてきますが、圧倒されること無く安価な買い物ではありませんので後悔しないようにきっちりと質問しておきましょう。
現車チェックの際、車から少し距離をおいて全体のバランスに違和感が無いかいろんな角度から確認します。その後、近くでボンネット、トランク、各ドアの隙間が均等である事とゴム状のパッキンの劣化具合やサビの有無をチェックします。車体の下部のサビ、地面にオイル跡が無いか確認し走行距離が10万km近い車両はタイミングベルトの交換の確認をしましょう。(一部の車種ではメンテナンスフリー)まだまだ、チェックすべきポイントは多々あるでしょうが、以上が代表的な内容かと思います。